TL 9000 製品分類表

製品分類表は、TL 9000 測定法ハンドブックの附属書 A に該当します。

製品分類表では、TL 9000 データを報告するための分類の基準を規定しています。TL 9000 規格は、電気通信サービスプロバイダおよびサプライチェーンの多数の部門で採用されているため、追加された製品を含めるためにこれらの表を頻繁に更新する必要があります。表は 9 ~ 12 か月ごとに更新され、更新内容はその都度クエストフォーラム会員によって承認されてから TL 9000 規格に盛り込まれます。

各更新版にはリリース番号が割り当てられ、一定期間有効になります。発効日が適用されるのは提出されるデータの日付であり、データ提出の日付ではありません。例えば、2007 年 12 月分のデータに対するデータ提出をしたのが 2008 年 2 月の場合、このデータ提出は、製品分類表 4.0 に含まれる規定のもとで実行されたことになります。製品分類表 4.1 は、2008 年 1 月以降のデータに対して有効になるので、この場合のデータには適用されません。

新しい製品分類表がリリースされた場合は、TL 9000 登録組織が新しい表の規則を運用するまでの期間として 6 か月が設けられています。あるいは、リリース後すぐに新しい表を使用することもできます。この場合、以降 6 か月間は 2 つの表が有効になります。

通常は、表が新しくリリースされても、既存の登録組織やその組織によるデータ提出には影響しません。製品分類区分に変更が加えられることはあまりありませんが、製品分類定義は場合によって変更されることがあります。そのため、TL 9000 登録組織はそれぞれの新規リリースを入念に調べ、変更が登録内容に影響するかどうか確認する必要があります。各リリースには、前リリースの表からの変更内容を簡潔に記述した文書が添付されています。

以下の表を参照して、使用するデータに適用する製品分類表リリースを選択してください。TL 9000 では、2 年以上前のデータは提出も再提出もできないため、2 年以上が経過した製品分類表は失効し、使用できません。

注:製品分類表の 2 つのリリースでデータ提出が有効な場合でも、どちらかひとつの製品分類表に従ってデータが提出されます。本測定システムでは、両方のリリースを使用してデータを提出することはできません。最新リリースを使ってデータを提出した場合は、以降のデータ提出で旧リリースを使用することはできません。

リリース 最も古いデータの日付 最も新しいデータの日付 Status
製 品 分 類 表 4.5 (PDF,1.4MB)
PCT 4.5 の 変 更 履 歴 (PDF,119KB)
2011 年 1 月 未 指 定 使 用 中
製 品 分 類 表 4.2 (PDF,882KB)
PCT 4.2 の 変 更 履 歴 (PDF,256KB)
2010 年 4 月 2011 年 6 月 使 用 中
製 品 分 類 表 4.1 (PDF,605KB)
PCT 4.1 の 変 更 履 歴 (PDF,24KB)
2008 年 1 月 2010 年 9 月 使 用 中