TL 9000 要 求 事 項 ハ ン ド ブ ッ ク R5.5 の 概 要

このハンドブックは、品質マネジメントシステムを運用するための正式なガイドです。 9 つのセクション、用語解説、および参考文献一覧で構成されています。この概要では、特定の TL 9000 要求事項の件数が括弧内に表記されています。

  • まえがき – クエストフォーラム理事会からの注記
  • 序文 – TL 9000 を策定および利用における、クエストフォーラムの目標に関する説明
  • 謝辞 – 要求事項ハンドブック R5.5 の作成に関わった企業および人物のリスト
  • 目 次
  • 図 一 覧
  • 表 一 覧
  • セクション 1:はじめに – TL 9000 の目標、TL 9000 の目的、運用の利点、および ISO 9001 とその他の要求事項との関係についての一覧に加えて、顧客とのコミュニケーション、TL 9000 ハンドブックの作成と維持方法についての説明、および使用が有効となる発効日の規定が含まれています。
  • セクション 2:構造 – ハンドブックの構成と使用する用語について規定しています。
  • セクション 3:TL 9000 の管理 – 認証の範囲について規定しています。例えば、オプションと必須文書、他の規格からの移行手順、認証内容の公開方法、認証機関の資格付与方法、認定機関の承認方法、認証機関の責任、および研修情報を規定しています。
  • セクション 4:品質マネジメントシステム(1) – TL 9000 の一般要求事項、および品質マニュアル、文書管理、記録管理などの文書要求事項の一覧が含まれています。
  • セクション 5:経営者の責任(7) – 経 営者のコミットメント、顧客関係構築や顧客とのコミュニケーション方法などの顧客重視の要求事項、品質方針、計画(品質目標、短期/長期品質計画、顧客からのインプット、サプライヤからのインプットなど)、責任、権限、コミュニケーション、およびマネジメントレビューなどについて説明したトピックが含まれています。
  • セクション 6:資源の運用管理(9) – 人的資源(従業員の力量、認識及び教育・訓練を含む)、インフラストラクチャ、および作業職場環境などの資源の提供に関する要求事項を規定しています。
  • セクション 7:製品実現(60) – 製品実現の計画に関する広範な情報について説明しています。例えば、ライフサイクルモデル、顧客関連プロセス(製品の要求事項、レビューの要求事項、およびコミュニケーションを明確にすることが目的)、設計・開発の計画、プロジェクト計画、試験計画、リスクマネジメント計画、結合計画、算定、移行計画、設計・開発のインプット、アウトプット、レビュー、検査、設計・開発の変更管理、購買プロセス、製造及びサービス提供(緊急時のサービス、インストール、ソフトウェアパッチの適用、ツール変更、トレーサビリティ、静電気放電保護、梱包とラベリング、ソフトウェアウィルス保護など)、監視機器及び測定機器の管理(機器の検証を含む)などの説明が記載されています。
  • セクション 8:測定、分析及び改善(15) – 監視と測定、および不適合製品の管理に関する要求事項について説明します。
  • 用語解説 – このハンドブックで使用する 35 項目の用語を定義しています。
  • ISO 9000:2005 の定義語 – ISO 用語とその定義の参照先がリストされています。
  • 参考文献及び巻末注 – TL 9000 品質マネジメントシステム R5.5 の作成に使用した 4 件の参考文献をリストしています。